ロリポップでURLのwwwあり・wwwなしを統一する方法

wwwあり、wwwなし、両方ともアクセスできてしまう場合のデメリット

どちらのドメインからでもアクセスできる状態にあると、Googleからのページ評価が分散され、結果としてSEO効果が薄れてしまう可能性がある。
最悪の場合、Googleから重複コンテンツやユーザビリティを損なうものとして、ペナルティを受ける可能性もある。

「wwwあり」と「wwwなし」のファイルが入っているディレクトリが同じこと確認

まずwwwなしドメインのフォルダを確認する

  • ロリポップ管理画面にログインする
  • 「サーバーの管理・設定」をクリック
  • 「独自ドメイン」をクリック
  • wwwなしドメインの「公開(アップロード)フォルダ」を確認する

次にwwwありドメインのフォルダを確認する

  • 「サーバーの管理・設定」をクリック
  • 「サブドメイン」をクリック
  • wwwありドメインの「公開(アップロード)フォルダ」を確認する

ドメインをhttpからhttpsに変更する

  • 「セキュリティ」をクリック
  • 「独自SSL証明書導入」をクリック
  • wwwあり、wwwなし、両方にチェックを入れて「独自SSL(無料)」を設定する。

.htaccessファイルを作成してアップロードする

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.○○○○○\.com
RewriteRule ^(.*) http://○○○○○.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://○○○○○.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

この例では、ドメインは、https://○○○○○.com
「○○○○○」の部分を自分のドメインに変更する。

コメント