S&P500(米国株ETF)の成績・利回り・メリット

S&P500(米国株ETF) 投資利益

  • 2021/03/05 +1,115,856円(10,675,636円)NEW!
  • 2020/11/20 +942,412円(6,878,649円)
  • 2020/08/01 投資開始

S&P500に投資を始めたキッカケとは?

米国株ETFとは?

アメリカで上場している投資信託証券のこと。米国の株を集めて、たくさんの銘柄をパッケージ化したもの。有名なところでは、世界最大規模の資産運用会社「バンガード」が運用する米国株ETF「VOO」が有名。

ちなみにこの中にはGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)の株も含まれており、GAFAMは米国株時価総額のトップ5で、S&P500に大きな影響を与えている。

SBIが提供するS&P500インデックス・ファンドとは?

自分はここに投資をしている。バンガードが運用する人気の米国ETF「VOO」に投資をする「投資信託」のこと。S&P500とは、米国の主要企業500社から構成される、米国の株式市場を代表する指数のこと。

「SBI S&P500」と「VOO」の違い

SBI・バンガード・S&P500
インデックス・ファンド
バンガード・S&P500 ETF
(VOO)
商品投資信託ETF(上場投資信託)
取引単位100円以上1円単位1口単位
(=35,000円程度)(※1)
取引価格毎営業日1回算出される
基準価額で取引
株式のように取引時間中変動する
市場価格で取引
取引通貨米ドル(円貨決済も可能)
運用手数料(※2)0.0938%程度0.03%
分配金/再投資ファンド内で再投資受取/1口単位で再投資
つみたてNISA対象×

詳細

私が書くより何十倍も、詳しくわかりやすく書かれている記事を発見!コチラを御覧ください。

【投資初心者必見】投資信託とETFどちらに投資すべきかを解説!

コメント