消費者金融が身近な存在に。スマホで借金「LINEポケットマネー」

スポンサーリンク

【超危険】消費者金融がスマホで身近な存在に

LINEのポケットマネーがやばい。
貸付利率(実質年率)3%~18%。
ついにLINEが消費者金融みたいなことを始めた。

LINEのイメージ戦略もすごい。
消費者金融ではなくポケットマネーというライトな響き。
LINEから申し込みできちゃうので、実態は消費者金融よりも怖い。

twitterでもバンバン広告出してる。

これ、スマホで簡単に申し込めるので、審査が通れば高金利の借金が誰でも簡単に出来てしまう、超恐ろしいサービス。こりゃ借金の被害者増えるぞ~・・。

消費者金融でお金を借りた場合の借金の増え方

この3%~18%という開きがあるところがポイント。
生活に困った貧困層が最初に借りるお金の額は、たぶん10万円~20万円程度と予想。

「じゃあどうやって金利は決まるの?」
ここは一般公開せず曖昧にしてるみたい。あらら・・。

利息の計算方法
利息=借入残高×借入利率(実質年率)÷365日×利用日数

10万円を18%で借りて翌日全額返済した場合の利息
10万円×0.18(実質年率18%の場合)÷365日×1日=49円

10万円を18%で借りて1年間全く返せなかった場合の利息
10万円×0.18(実質年率18%の場合)÷365日×365日=18000円

借入残高(利用残高)
現時点でまだ返済していない借入金額のこと。
利息は借入残高に含まれない(←ここ要注意)

お金を貸す側が一番儲かる状態

貧乏なユーザーが生活苦で10万円とか20万円を高金利18%で借りてくれる。
借入金を返すことができず、利息分(10万円の場合1年で18000円)だけしか返せない。
この「借入金の利息分だけしか返せない状態」が何年も続く状態。
なんのサービスも提供してないのに月1500円のサブスクに加入してくれてるようなもの。
お金を貸す側はなんのコストも支払っていないので、利益率が超高い。
逆を言えば、借りた側が一番損するパターンがこれ。

節約
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました