Gmailから重大なセキュリティ通知「保存したパスワードの一部がウェブ上に漏洩しました」が届いた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Gmailから重大なセキュリティ通知」とは?

gmailからメールが届いた。

件名:重大なセキュリティ通知

本文:保存したパスワードの一部がウェブ上に漏洩しました。

保存したパスワードの一部が、ご使用のサイトまたはアプリからデータ侵害で漏洩しました。Google アカウントへの影響はありません。

アカウントを保護するため、Google パスワード マネージャーで今すぐパスワードを変更することをおすすめします。

・・・とのこと。なんだこれ?

「パスワードを確認」ボタンを押してみる。

パスワード チェックアップとは?

Chromeに保存したパスワードをGoogleのデータベースと照合して、データ侵害や漏洩したパスワードがあれば警告してくれる。

また使いまわしのパスワードや、簡単すぎるパスワードの確認、該当アカウントサイトへの移動や保存されたパスワードの変更も可能。

「ウェブ上であなたのパスワードの一部が検出されました。そのパスワードを見つけた人は誰でも、あなたのアカウントにアクセスできます。」とのこと。

「漏洩した可能性のあるパスワードが28件あります」

漏洩した可能性のあるパスワード一覧を見てみると、使用していないウェブサービスばかりだった。
とりあえず使ってないサービスはGoogleアカウントから削除しておくことにする。

この対応だけで本当に良いのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました