メールソフトのPOPとIMAPの違い

POPサーバー
メール受信の際に必要となるサーバー。
メールサーバーに保存されたメールを、受信者のパソコンなどへダウンロードする。
サーバーに残っていたメールはBのメールソフトウェアによって自動削除される。
メールはデバイスにダウンロードされ、サーバー内のメールはメールソフトウェアによって自動削除される。

IMAPサーバー
POPサーバーと同様にメール受信の際に必要となるサーバー。
メールサーバーにメールを保存したままの状態でメールを読むことができる。
データ保存容量を持たないデバイス等でメールを受信する際、メールソフトにIMAPサーバーが設定されることが多い。
また複数台のパソコンで同じメールアドレスの受信メールを読みたい場合、IMAPを選ぶ。

IMAPのデメリット
メールサーバーからメールが削除されない。
メールサーバーの容量が少ないとメールでいっぱいになってしまう。

スポンサーリンク

やってはいけないこと

2台以上のパソコンで、POPとIMAPを混在させて使用してはいけない。
・ある日、受信されたはずのメールが突然消えてしまう。
・あるパソコンには受信されているのに、あるパソコンからはそのメールが読めない。

WEBメールのメリット

パソコンのメールソフトを利用しない。
IEやchromeブラウザからログインするだけでメールの送受信ができる。
ネットにつながれば、パソコン、スマホ、タブレットなどすべてからログイン可能。

メールの設定をする必要がない。
メールアドレスとパスワードさえ覚えていればどこからでも使える。

スマホやパソコンの買い替え時にも、メールのバックアップやデータ引っ越しなどが不要。
新しいパソコンで、ネットからログインし、メール送受信がすぐにできる。

パソコン
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました