大学は行かない方が良い理由

値段が高すぎる

安い国立でも授業料の平均は月約5万円、入学金は約30万円、プラス教科書代がかかる。4年間で安く見積もっても、大学に支払う金額は合計280万円。

ちょっとまて。280万円あれば、いったいどれだけの資格本が買える?どれだけのパソコンが揃えられる?大学なんか行かなくても、本もネット教材もオンライン授業も、鬼のように山程買える。

方向転換できない

もう入る前から、入学金に30万円、初年度授業料に50万円、合計80万円以上のお金を払っている。もう後戻りできない。すると、どういう精神状態になるか?もう最初から後戻りができない、方向転換が簡単にできないような精神状態になっている。

例えば、大学で勉強していく中で、「あれ?この分野には興味が沸かないな・・」と感じたとする。しかし、もう80万円以上授業料を払ってることが引け目となり、辞めるにやめられない状況になる。(本来は大学中退しても、何も問題ないのだが)その結果、興味のない分野の勉強を、たくさんのお金と時間をかけて、浪費していくことになる。

ムダな授業が多すぎ

大学の一般教養の授業は、はっきり言って、時間とお金の無駄だ。わざわざ高い授業料を払って、教え方が下手な先生に習うよりも、youtube・ネット・書店などで、自分で勉強した方が遥かに良い。

奨学金という借金地獄

奨学金とは、ただのローン。借金だ。耳障りをよくして、無知な学生と親を騙している。ただの利子付きの借金だ。

怖いのは、奨学金=借金という自覚が、本人にも親にも無い。親は子供が返すと思ってるし、本人は、自分の借金という自覚がない。まぁ正社員で働いたことがないのだから、働いてお金を返すのがどれだけ大変なのかを知らない。

この借金は、気が付かないうちに膨らんでいき、卒業と同時に返済が始まり、その時に初めて借金返済の額の大きさと、返済の大変さに気がつく。これが奨学金地獄だ。

大学は中退すべきか?

通っている大学と、将来自分が就きたい職種による。卒業して、一体何が得れるのかを調べること。

大学の偏差値が高く、地元企業の就職は有利になり、かつ工学部や教員免許がとれるような大学であれば、卒業するメリットはある。就職する際、また就職してから専門的な資格を受験する際に「実務経験の年数カット」に繋がるから。

ただそれも、就職をして、自分の努力で専門資格をとれば、後からでもステップアップすることができるので、わざわざお金と時間を無駄にして大学卒業しなくても良い。

やめるかやめないか、モタモタしていると「時間のお金の浪費」になり、キズが広がる。正直ほとんどの大学や短大に意味はない。時間とお金の無駄だ。独学で資格を取るか、すぐに働いて実務経験を積んだ方が良い。

決断出来ない人には、休学という手がある。一度立ち止まり、考えた方が良い。

なぜ大学を辞めることに抵抗があるのか?それは「現状維持バイアス」にも関係がある。

高校生が大学へ行く代わりにすべきこと

1.独学で資格を取る
2.就職 or アルバイトをする
3.匿名でブログを始める
4.副業を始める

重要なのは、ステップアップを考えて資格取得と転職をすること。世の中には「働かなければ得られない資格」や「実務経験を必要とする資格」があり、そのような仕事は参入障壁が高く、給与も高い。

逆に、いつでも誰でも交換可能な仕事というのは、参入障壁が低く、給与も安い。なので、働きつつ資格を取り、徐々に条件が上がっていくような仕事を選ぶ方が良い。

コメント