サブリース契約とは?


不動産管理会社がアパートのオーナーからアパートをまるごと借り上げる。
それを不動産管理会社が入居者に転貸(又貸し)する
不動産管理会社は空き部屋の有無にかかわらずオーナーに賃料を保証する。
保証する賃料は実際の家賃収入のおおよそ80~90%(約15%を不動産会社がピンハネ)

同額の家賃保証がずっと続くわけではない。
保証家賃の見直しが2年ごとに行われる。
だいたいは見直しによって賃料が下がるケースがほとんど。

サブリースは完全な家賃保証ではない。
10年間の家賃保証と言いつつ2年ごとに見直しがされ賃料は下がる(契約書に記載)
家賃増減請求権(借地借家法32条)

最初は「10年間家賃を下げない」と言っていたのに、会社の経営悪化を理由にオーナーに賃料減額を求めたことで訴訟にまで発展したケースもある。

スポンサーリンク

引用・参考

不動産
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました