債券、金利、株価の関係

債券投資
・インカムゲイン(利息)
・キャピタルゲイン(価格差益)

償還(しょうかん)とは?
債券は、満期日に債券の保有者に額面金額が払い戻される。
この満期日のことを償還日、払い戻すことを償還と呼ぶ。
償還日に一括で償還する(満期一括償還)ものが多い。

債券は償還時の金額は変わらない。
債券価格と金利は逆の動きをする。

具体例
100万円の10年物国債
10年後に100万円を国から返してもらう権利のこと。
償還時に返ってくるお金は確定している。

この権利(債券)は市場で売買されている。
例えばこの権利は現在値で80万円ということもある。
現在値の80万円と償還時の100万円の差額、20万円が利回り。

国債が買われて国債価格が上がると利回り(差額)が減る。
国債が売られて国債価格が下がると利回り(差額)が増える。

債券の現在価格が下がっても、償還日の金額は変わらないので、利回り(金利)は上がる。

スポンサーリンク

金利が上がると株価が下がる理由

企業の動き
企業の借入金の支払い利息が増える。
企業の収益が圧迫される。
新たな借入れがしにくくなる。
事業が縮小する。
売上げや利益が減る。
株価が下がる。

投資家の動き
株式より預貯金などにお金を預けようとする人が増える。
株式が売られて預貯金が増える。
株価は下がる。

投資
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました