動画ファイルの基礎(形式、コーデック、違い)

スポンサーリンク

動画ファイルの基礎知識

動画形式(コンテナ):動画を入れる箱。この中に映像や音声が入る。
コーデック:コンテナの箱の中にどうやって映像や音楽を入れるか?その入れ方のこと。
コーデック=どういうプログラムを使って圧縮・変換(エンコード)や復元(デコード)するか。
コーデックが違うと、圧縮方法が異なり、最終データの画質や容量が変化する。

動画や音声の再生環境が、コーデックに対応していないと、再生できない。


コーデック=H.264
コンテナ①=mp4
コンテナ②=AVI

この2つは、外から見ると、.mp4と.aviで別ファイルのように見えるが、中身は一緒。
大事なのは、外側ではなく、中身(H.264)のほう。

MOVファイル形式とは?

「.mov」「.qt」
Appleの標準動画形式。
Apple製品やMacとの相性が良い。
Windowsとの相性がよくない。

動画再生ソフトQuicktime標準の動画形式。
MacOS上で動画データを編集する場合は、MOVファイルがおすすめ。

MP4とは?

「.mp4」「.m4a」
現在最も一般的に使用されている。
MOVファイルから作られており、業界標準の形式として開発された。
映像、音声、字幕、3Dデータなど、何でも格納可能。
ほぼすべての動画プレイヤーに対応している。

MPEG

MPEG = moving picture expert group
ISOとIECが1988年に合同で設置した専門家委員会。
動画・音声データの圧縮方式の標準規格を検討するため。

動画データ圧縮方式、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、などの標準を策定してきた。
また付随する音声圧縮規格のMP3などの標準を策定してきた。

AVI

AVI = Audio Video Interleave
これはmp4と同じように「コンテナフォーマット」と呼ばれる。
Microsoft社が開発した、動画を保存するためのファイル形式。
RIFF(Resource Interchange File Format)というフォーマットを元に開発された。
データをファイルにどのように記録するかを定めた記録形式である。
動画データや音声データの圧縮符号化形式を定めたものではない。

雑記
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました