supercollider入門 使い方のメモ

スポンサーリンク

始め方

公式サイトからダウンロード、インストール。
supercolliderを起動して、Server -> Boot Server で起動する。

正弦波

{SinOsc.ar(freq,phase,mul,add)}.play;

SinOsc.arはデフォルトで 440 Hz の正弦波を生成する。
440Hz = ピアノの真ん中のラ = A4

周波数を変更する場合、SinOsc.ar(880) のように書く。
以下は周波数:880Hz、位相(ラジアン):0、出力値に掛ける値:0.1

{
SinOsc.ar(880, 0, 0.1);
}.play

Impulse(矩形波?)
{ Impulse.ar(800, 0.0, 0.5, 0) }.play

start=1000、end=50、時間=10、徐々に音の高さが落ちていく
{ Impulse.ar(XLine.kr(1000,50,10), 0.0, 1, 0) }.play

音を再生
再生したいコードを選んで、shift + Enter

音を止める
[ctrl] + [.]
コントロールキーとピリオドキーを同時押し

コードブロック生成
()で囲むことで複数行コードを実行できる。

(
{             // Open the Function
    SinOsc.ar(    // Make an audio rate SinOsc
        10000,     // frequency of 440 Hz, or the tuning A
        0,     // initial phase of 0, or the beginning of the cycle
        0.2)     // mul of 0.2
}.play;            // close the Function and call 'play' on it
)

サンプル。「コナミ ワイワイワールド」で聞いたことがあるような?

play({SinOsc.ar(LFNoise0.kr(12, mul: 600, add: 1000), 0.3)})

パラメーターを少し変化させたパターン

play({SinOsc.ar(LFNoise0.kr(6, mul: 800, add:700), 10)})

電話の発信音

(
SynthDef.new("tutorial-SinOsc-stereo", { |out|
    var outArray;
    outArray = [SinOsc.ar(440, 0, 0.2), SinOsc.ar(400, 0, 0.2)];
    Out.ar(out, outArray); // writes to busses 0 and 1
}).play;
)
supercollider
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました