ガラス窓を養生テープで貼ると割れやすくなる?割れにくくなる?

窓ガラスは「応力」が平均的に分布されている。
しかし、ガラスにテープを貼る事で「応力」が不均衡になる。
その弱点からガラスが割れやすくなるらしい。

ガラスが割れる原因とは?
台風の際、ガラスが割れてしまう理由の多くは強風そのものではない。
強風で飛んできたものがガラスにぶつかること。
窓ガラスはある程度の風圧に耐える強度を備えている。
強い風だけで割れてしまうということは少ないらしい。

応力とは?
物体に外力が加わる場合、それに応じて物体の内部に生ずる抵抗力。

空気流動速度が速いと気圧が下がる。
台風の時は室外の気圧が室内よりも低くなる。
空気圧の差で室内から室外への圧力が作用する。
ガラスが割れる時は室内から室外へ飛び散る事が多いらしい。

テープを貼るデメリット
・ガラスの応力が弱まる。
・ガラスの破片が落ちにくくなる。
・破片が大きくなるため、大怪我を負う可能性がある。

効果的な方法
・シャッターや雨戸を下ろす。
・カーテンを下ろす。

雑記
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました