なぜナスダックとレバナスはオワコンなのか?

スポンサーリンク

レバナスとは?

「楽天レバレッジ NASDAQ-100」のこと。
ETFではなく投資信託。
米ハイテク企業やIT関連の企業など新興企業が占める割合が大きい。
日々の値動きがNASDAQ100指数の2倍程度となるように運用される投資信託。
レバレッジをかけたナスダック100指数の値動きを目指す。

レバレッジ型とは?
商品先物取引などを活用し、レバレッジ(てこの原理)を利かせる。
投資資金の何倍もの投資効果を追求する投資信託のこと。
日々の基準価額の値動きが、連動を目指す株価指数の値動きの2~3倍になるように運用。
基準価額の値動きが荒く、リスクが高い。

ツミレバとは?
「積立」と「レバレッジ」を組み合わせたもの。

信託報酬
SBI証券「大和-iFreeレバレッジ NASDAQ100」・・・0.99%
楽天証券「楽天レバレッジNASDAQ-100」・・・0.77%

レバナスの隠れコスト
売買委託手数料:0.038%
その他費用:0.142%
隠れコスト合計:0.18%

ナスダックやレバナスを理解する

バフェット太郎の投資チャンネルを見ながら、その理由を考える。

ナスダックとは?
National Association of Securities Deals Automated Quotations
アメリカにある世界最大のベンチャー企業向け株式市場のこと。
日本で言うとJASDAQやマザーズのようなもの。

レバナスとは?
「楽天レバレッジ NASDAQ-100」のこと。
日々の値動きがNASDAQ100指数の2倍程度となるように運用される投資信託。
レバレッジをかけたナスダック100指数の値動きを目指す。

EPSとは?
EPS = earnings per share
1株当たり純利益のこと。
会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったもの。

PERとは?
PER = Price Earnings Ratio
今の株価が1株当たりの純利益の何倍なのか(株価収益率)
EPS × PER = 株価
PERは数値が高い=株価は割高である。
PERは数値が低い=株価は割安である。

FRBとは?
The Federal Reserve Board
日本における日銀と同じ。
アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関。

FRBの利上げとは?
政策金利の誘導目標を引き上げること(金融引き締め)
景気が上昇⇒市場が過熱⇒物価上昇(インフレ)の懸念が強まる。
その動きを抑える目的。
利上げ=金利が上昇。
企業は設備投資を控える。
個人消費の意欲が低下。
過熱した状況を抑制。

ボックス相場とは?
相場がある一定の幅で上がったり下がったりを繰り返すこと。

長期金利急騰の原因とは?
原油高(供給が不安定)を背景にインフレ懸念が強まる。
FRBが速いペースで利上げを進める可能性。
世界が脱炭素社会へ向けて舵を切った。

金利と将来のお金の価値
金利が高い=将来のお金の価値は下がる
金利が低い=将来のお金の価値は上がる

今は赤字だが将来稼ぐと予想されている企業↓
金利が低下すると株価が急騰し、金利が上昇すると株価が急落

石油や天然ガスが値上がりするとインフレが起こる理由

電力発電の大半は火力発電。
火力発電は石油や天然ガスが必要。
石油や天然ガスの価格が上昇すると電気代が上昇する。

鉄や銅などの金属を作るときは、たくさんの電気代がかかる。
なので、電気代が上がると、鉄や銅などの金属価格も上がる。
すると金属メーカーは生産を縮小し、需要と供給のバランスが崩れる。

また、エチレンなどの石油化学製品の基礎原料となる素材も同じ。
これはプラスチック、合成繊維原料、塩化ビニル、塗料、洗剤、医薬品などの基礎原料となる。
これも金属と同じように、石油や天然ガスが値上がりすると、エチレンも値上がりする。

また、農業も石油に依存している。
トラクターなどは軽油、ビニルハウスの暖房には灯油。
米・小麦・大豆・トウモロコシなどの穀物も野菜も値上がり。
すると、鶏・豚・牛などの飼料コストも上がり、それらすべての食品の値段が上がる。

ナスダックやレバナスが急落する流れ

原油高

利上げペースの加速

長期金利を押し上げ

株式の価値が低下

高PER株の多いハイテク株が売られる

業績が拡大しても企業価値評価が低下してボックス相場入り

なぜ金融庁はレバナスの注意喚起を出したのか?

【金融庁PDF】レバレッジ型・インバース型 ETF 等への投資にあたってご注意ください

一部、PDFより抜粋。

レバナスは上下度繰り返すことによって、元に戻りにくくなるという現象が派生。
これを長期保有による減価と呼ぶ。

これは国が推奨するiDeCoやNISAのような「長期投資で老後資産を形成」とは大きく異なる。

レバレッジ商品が相場停滞時に目減りしていく理由

レバナスはNASDAQ100指数の日々の2倍の値動きに連動する。

1日目
値動き:100⇒90
値動き割合:(90-100) ÷ 100 = -10%

2日目
値動き:90⇒100
値動き割合:(100-90)÷ 90 = +11.11%

レバナスは「値動き割合」が2倍になるように設定されている。

1日目
-10% × 2 = -20%
100 × (100%-20%) = 80

2日目
+11.11% × 2 = +22.22%
80 × (100% + 22.22%) = 97.77

「動いた額の倍」ではなく「値動きの割合の倍」なのが理由。

結局どうすればいい?

投資
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました