ゆうちょ銀行の有料化は日本の未来に大正解

スポンサーリンク

現金手数料が上がる理由

物理的な両替にはコストがかかる。設備代も人件費も。
大手銀行、3大メガバンクも両替を有料化にしている。
いままで無料で両替を行っていたのが不思議なくらい。

ATMや現金両替は、それだけコストのかかる作業。
いままでは店側が無料または激安で負担してくれていただけ。

ガソリン高騰、人口減少、不景気、銀行の経営状態の悪化。
不採算事業であるATM運営や現金両替部門を何とかしたい。
故にATMや現金両替手数料が上がるのは当然の流れ。

相対的に貨幣の価値が下がった

  • ゆうちょ銀行で現金を預ける、両替する手数料が上がった。
  • その結果、貨幣を所有していることの価値が相対的に下がった。
  • つまり、今後は現金を手放そうとする人が増える。
  • これは世の中全体から見れば良いこと。

「小銭に限らず現金はコストがかかり無駄だ」ということを皆が自覚する必要がある。貨幣が電子化されるのは世界の流れであり、無駄なエネルギーを消費しないという環境問題と直結する。

環境問題だけでなく、人口減少により労働力の減少にも直結する。現金の輸送、両替、交換に際してすべて人が労働している。これらが電子化されればその労働力が本当に必要な所に回る。

雑記
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました