上司や先輩の理不尽な言動に落ち込まないようにする方法

注意の仕方がきつい、すぐ怒るなど、上司や同僚の悪口を言おうと思ったらいくらでも言える。
ただ他人は変えられないし、悪口を言ったところで自分自身のためにもならない。

まず、言われたことの中から、参考になる部分を何とかして見つけ出す。
「言い方はきつかったけど、こういう事を言いたかったんだな」と要約する。

ただ「関わると注意されたり怒られたりするから話さない」は危険。
それが原因で重要なことを伝え忘れたり、うっかりミスが起きたりする。

怒られるから、注意されるから、嫌な気持ちになるから関わらない、とは思わない。
怒られても別にいいや、殺されるわけじゃないし、大事なことは伝えよう、と考える。

言葉がきつい人、すぐ怒る人、陰口を言う人というのは、だいたい誰に対しても言う。
呼吸をするように文句を言うので、それをいちいち気にしても意味がない。

スポンサーリンク

別軸の目標を持つ

例えば、ブログのアクセスを増やそう、今日の出来事から、何か勉強になる部分を見つけ出そう、ブログのネタにしよう、など。

言い返そう、負けないようにしよう、というのは全く意味がない。
ただ精神的な疲労をするだけで、自分のためにもならない。

物理的な改善方法

悩みは無いのに、ちょっと鬱っぽい、やる気がでない、そんなときの対処法。

コメント

タイトルとURLをコピーしました