コンビニのアイスコーヒーを辞めたら腹痛や下痢が治った

コンビニのアイスコーヒーを飲むのを辞めてみたら、腹痛や下痢が治った。

今までは毎日、1日2杯はコンビニのアイスコーヒーを飲んでいた。ずっと習慣になっていたから気が付かなかったが、どうやらこれが腹痛や下痢の原因だったようだ。

試しに辞めてみたら、まず驚いたのは、便が出なくなった。
これは便秘になったとかではなく「今までがお腹がゆるすぎた」のだと思う。

コンビニのアイスコーヒーによって胃腸が刺激され、食事がちゃんと吸収されず、下痢のような便で出ていってしまう。

それが証拠に、ここ数年で体重は年々減っており、平均体重を大きく下回っている。

コンビニコーヒーを辞めてまだ2~3日しか経っていないが、お腹の変化に驚いている。今まではお腹を壊さないような食事、食べる量などに気をつけていたが、コンビニコーヒーを辞めてから、量を食べても、今までお腹を壊していた物を食べても、お腹を壊さなくなった。

ここで「コンビニコーヒー」とこだわって書いてるのは「甘いミルクコーヒー」や「粉をお湯で溶かすタイプのカフェラテ」などは飲んでいる。

なぜかコンビニのアイスコーヒーを飲むとお腹を壊す。

たぶんコンビニのコーヒーはカフェイン量が多く胃腸への刺激が強いのだと思う。

このまましばらく様子を見て、体調、体重、便の状態を観察してみようと思う。

今後の予想

コンビニコーヒーを辞めたら下痢や腹痛が治った

ゆるい便や下痢をしなくなり、便の回数が減り、便が固くなる ←イマココ

消化・吸収が良くなり、体調が回復し、体重が増える

やせ細った体に少し肉がつく

※こうなったら良いな~という希望も込めての予想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました