日本銀行、国債発行、量的緩和政策とは?

日本銀行と国債の流れ

日本政府も口座を持っている。
日本政府の口座は日本銀行にある。
日銀当座預金と言う。

民間の銀行も、日本銀行に日銀当座預金という口座を持っている。
日本銀行は、銀行の銀行と呼ばれている。

政府は国債を発行する。
民間銀行は政府から国債を買い、日銀当座預金から政府にお金を支払う。
日銀は民間銀行から国債を買い、民間銀行の日銀当座預金にお金を支払う。

量的緩和政策とは?

  1. 日本銀行が国債を良い条件でたくさん買い取ってくれる。
  2. 銀行は日本銀行に国債を売る。
  3. 日本銀行は大量のお金を印刷する。
  4. 銀行側には現金がたくさんある状態になる。
  5. 世の中にお金がたくさんある状態になる。
  6. 様々な金利が低くなる。
  7. 設備投資、住宅ローン、自動車ローンなど、投資や消費が増える。
  8. 経済が回り、景気が良くなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました