期日前投票は長蛇の列⇒市役所職員が悪いわけではない

さて、2021年度の「第49回衆議院議員選挙」の期日前投票に行ってきたわけですが、平日にも関わらず、そこは長蛇の列でした・・。

しかも、結構なおじいさん、おばあさんばかり。
若い人どころか、60代以下は一人もおらず。なんだこれ?

整理券にはバーコードが印刷されており、それを市役所職員が受付で読み取るという形式。

ただ受付にはパソコンが1台しかなく、有権者の長蛇の列を受付で対応できるのは、そのパソコン1台だけ。

スポンサーリンク

市役所の職員が悪いわけではない

「なんでこんなに時間がかかるんだ!」
「いつまで待たせるんだ!」

と怒ってるおじいさんがいました。

でもこれは、市役所の職員が悪いわけではありません。市役所の職員は、決められたシステムで動くだけなので、悪いのは、投票システム自体です。

今まで政治家、特に与党がこの投票システムを変えてこなかった事に責任があります。野党も追求するべきでしょう。

すでにマイナンバーカードに紐付いた形でe-taxの申請も出来るわけですし、自動車税の納付だってpaypayの電子マネーで出来るのですから、投票システムくらい作れるでしょう。

投票してきた!

小選挙区は、自民党公認候補にしました。
比例代表は、日本維新の会に投票してきました。

本当は小選挙区に「日本維新の会」公認候補者がいたら投票したかったのですが、いなかったので自民党の候補者にしました。

選んだポイントは以下です。

  • 日本とアメリカとの関係をどう考えているか
  • 日本と中国との関係をどう考えているか
  • 日本と北朝鮮との関係をどう考えているか
  • ベーシックインカムを実現しようとしているかどうか
  • 規制緩和、規制改革をしようとしているかどうか
政治
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました