住民税の減らし方

住民税とは?

公的なサービスは、国と地方とで分担して提供している。
その費用は、国も地方も、主に税金によってまかなわれている。

教育、福祉、消防・救急、ゴミ処理といった、生活に身近な行政サービスの多くは、市区町村や都道府県によって提供されている。地方税とは、こうしたサービスをまかなうためのお金である。

住民税とは、その地域に住む人たちが、地域社会の費用を分担するもの。
「市町村民税」と「道府県民税」がある。

住民税には「個人住民税」と「法人住民税」がある。
その市区町村(都道府県)に住所などがある個人が負担するものが「個人住民税」である。

住民税の均等割と所得割

会社勤めの「収入」と「所得」

会社勤めの方は「必要経費」を個別に計算しない。
一定の「式」にあてはめて、収入から所得を計算する。
会社員の所得とは、給与の収入から「給与所得控除」を引いたもの。

ようするにこの「給与所得控除」を増やすことができれば所得を減らすことができ、住民税を減らすことができる。給与所得控除を増やすには、idecoがオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました