サイドFIREのメリット・資産公開

現在保有している金融資産

S&P500等:1630万円
現金:130万円

投資のルール

まず生活防衛資金として150万円を現金(銀行預金)で保有する。
金額の理由は1ヶ月の生活費を約15万円と想定して10ヶ月分。
これ以上を現金で保有する意味がないのでそれ以上の収入は全て投資。

FIREがもたらす精神的なメリット

「もし明日から、会社を辞めて無職になったとしても、投資の複利で生活できる」

この状態は将来に対する不安を減らし、精神を安定させる。クビも怖くないので会社で言いたいことが言える。生活費のために我慢する必要がない。

むしろ、会社を楽しく続けるための原動力にもなりえる。

FIREとは?

FIRE
Financial Independence(経済的自立)
Retire Early(早期退職)

4%ルールとは?
投資元本の4パーセントを取り崩しても高確率で30年以上資産を維持できる。
米国のトリニティ大学の博士が研究した金融理論。

4%の理由
米国の株式市場がこれまで年平均7%成長率を続けてきたこと。
インフレ率3%であることを考慮し、差し引き4%が理論上の値となっている。

2000万円の投資資産で年80万円(月々6万5千円)
3000万円の投資資産で年120万円(月々10万円円)

年利7%・5年間の複利計算

1000万円⇒1400万円
1500万円⇒2100万円
2000万円⇒2800万円

資産を崩さず生活費を労働所得だけで支払える事ができれば勝手に資産は増えていく。

独身1人暮らしの生活費

項目金額
家賃+駐車場45000
ガス5000
電気5000
水道3000
スマホ+ネット3000
医療保険1500
自動車保険2500
自動車整備費5000
食費45000
ガソリン10000
雑費10000
合計135000

支出
月々13~14万円

一人暮らし質素生活FIREを達成する方法

①投資資産2000万円
②ブログや副業で月60000円

この2つを達成すれば、とりあえず質素な1人暮らしをFIREできる。
質素と言っても郊外のアパート1人暮らし+自動車付き。
十分に贅沢な暮らしができる。

資産2000万円突破後の選択肢

会社員として働き続ける
給与も貰えて資産も安定して増え続けるのでお金に困ることはない。会社に所属していることで得られる体験、経験、景色、人間関係、ストレスなどを得られる。

会社を辞めて副業や趣味を始める
サイトやブログ運営、その他の副業でアルバイト程度の収入を得ながら資産から出る利益で生活費を補う。今までと違った新しいストレスとして、お金が目減りしていないか、将来への不安、社会との繋がりが切れたことによる孤独感が増えそう。

あと、自分の自由に使える時間が一気に増えるので、暇を持て余しそう。そしてその暇になれてしまったら、今度は逆にもう会社員には二度と戻れなそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました