顔に出来たウイルス性イボがキズ軟膏とヨクイニンで治った話

以前、足の裏に出来たイボが、キズ軟膏で治った話をしましたが、今度は顔にイボが出来てしまいました。

顔にウイルス性イボが出来た原因は、鼻を頻繁にかんだり、ほじったり、顔の周りを触ったり、こすったり、ひっかいたりした事が原因です。

顔の皮膚に小さなキズからできて、そこから細菌が入り、イボができたようです。また、出来た小さなイボを、触ったり、ハサミで切ったりすることで、さらにイボは悪化していきました。

足の裏とは違い、外に飛び出たようなイボ

顔にできたイボは、まるでイソギンチャクのような、ヒダが外に飛び出したような形をしていました。触ると痛いです。


ネットで検索したところ、どうやら「糸状疣贅」というイボのようです。このイボは、感染しやすいそうです。

イボがまだ小さかったとき、私は絶対やってはいけないことをしていました。それは、飛び出た部分をハサミで切って、無理やり取り除いていました。

ハサミで切ったことが原因で、イボの先端から血が出たことが何度もありました。その傷口からまた細菌が入り、イボをさらに成長させてしまいました。

イボの形の推移は画像のとおりです。

病院で診察してもらったら「間違いなくウイルス性いぼですね」との事でした。

治療方法を聞いたら、

・液体窒素で焼く。
・ヨクイニンを飲む。

病院でできる治療法はこれだけで、それ以外の治療はしていないとの事でした。また、液体窒素による治療には痛みが伴い、しかも顔なので治療跡がかなり目立つとのことでした。

しかも、足の裏と同様に、一度焼いてもイボの再発の可能性もあるとのことで、やる気にはなれませんでした。

病院での治療は諦めて「明治キズ軟膏」にて治療を開始

以前、足の裏に塗っていた「明治キズ軟膏」を顔に塗り始めました。

塗り薬と合わせてヨクイニンも飲む

ヨクイニンとは、植物名がハトムギで、古くからいぼや皮膚のあれに優れた効果のある生薬として用いられてきたそうです。

塗り始めて10日くらい経つと、患部が徐々に変化し始めました。イボの先端がギザギザになり、白くなり、乾燥したような状態になってきました。

見た目を例えると、木の根元は生きているが、先端の葉っぱが枯れていっているような、そんなイメージです。

たぶん、先端をハサミで切っても血はでないと思いますが、怖いのでそのままにしました。予想では、徐々に白くなり、イボが枯れ、かさぶたのようにポロッと取れるのではないかと考えています。

塗り始めて20日後、まさかの良い変化が出てきました。自分が予想した通りの形になってきました。

イボの先端はイソギンチャクのように広がり、先端から枯れ始めるかのような状態になってきました。お風呂上がりのイボの先端はフニャフニャしており、綿棒で触っても感覚がありません。

なので、思い切ってハサミで切ってみたら、全く痛くありませんでした。よくみると、このギザギザは、徐々に根元へ伸びていっていました。

塗り薬とヨクイニンの2つの治療を続けていると、今度はイボの表面に変化が現れました。以前はイボの表面はツルツルしていたのに、ザラザラに変化していました。

イボが枯れていってるのでしょうか?どんどん死んでいくような雰囲気です。また、イボの根元に切れ目が出来ました。血は出ておりません。綿棒でイボを押すと、切れ目があるぶん、少し倒れるようになりました。

再び治療を続けていると、今度はイボの表面が乾燥し、外側の20%くらいが急にポロッと剥がれました。ハサミで無理やり切ることもなく、綿棒で少し触ってただけで取れました。

自分が予想したとおり、徐々に枯れてきているようです。剥がれてくれたおかげで、全体としてイボが以前より小さく見えるようになりました。

独自の治療を続けること、およそ3ヶ月。顔のイボは、すっかり完治しました。やはり明治キズ軟膏とヨクイニンは、顔のイボにも効果があったようです。

それと合わせて「禁酒」をしたのも効果がありました。お酒を飲んでいたときは、まだイボの核が残っているようだったのですが、禁酒してから一気にスーッとイボが治りました。

アルコールは肝毒性物質、つまり、特に肝臓にダメージを与える飲み物で、肝臓は肌の機能と密接に関わっているので、禁酒とイボの治療には因果関係がありそうです。

この方法が、本当にウイルス性いぼの正しい治療法なのかどうか、私は医者ではありませんのでわかりません。ただ、このやり方で治ったことは事実なので、私は今後もウイルス性いぼが現れたらまたこのやり方を試してみるつもりです。みなさんに安易にオススメはできませんが、私のこの治療経験が、何かの参考になれば幸いです。

コメント

  1. […] […]