イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアムとは?

厳密にはイーサリアムは仮想通貨そのものではない。ブロックチェーンに「スマートコントラクト」という機能を組み込んだ、分散管理型のプラットフォームのこと。

今までのブロックチェーンは、情報を収めておく鍵のついたブロックが鎖でつながったものだった。イーサリアムでは、そのブロックの中に情報だけでなく、アプリケーションを収めておくことができるようになった。特定の条件をクリアした場合、そのアプリケーションを自動的に動作させることができる。

このような環境を提供するプラットフォームが「イーサリアム」であり、その環境下で使われる暗号通貨が「Ether(イーサ)」という仮想通貨。

スマートコントラクトとは?

人の手を介さずに契約内容を自動で実行する仕組みのことで、イーサリアムの代表的な機能。ブロックチェーン上にプログラムを書き込むことで、設定した要件を自動的に実行する。

たとえば「1年後、自分の口座にある 3 ETH を A さんに支払う」とするプログラムをブロックチェーン上に記録したとする。すると、1年後に 3 ETH が A さんに自動的に支払われる。

あらかじめ設定されたルールに従って、ブロックチェーン上のトランザクション(取引)、もしくはブロックチェーン外から取り込まれた情報をトリガーにして、実行されるプログラムのこと。

また、自分の 30 ETHと A さんの 1 BTC を交換したい場合、先に送金した方は相手方から送金されないという裏切られるリスクがある。なので「 A さんが 1 BTC を送金すること」と「自分が 30 ETHを送金すること」を取引の成立条件としてスマートコントラクトに書き込む。

すると、ふたつの条件が満たされた場合のみ取引が成立するので、第三者なしで効率的な取引を行うことができる。あらかじめ取引内容を決めて、自動的に取引が実行されることで、業務効率を格段に上げることができる。

コメント