新型コロナウイルス感染症とは?

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症とは?

2019年に発生した新型コロナウイルス感染症。
SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)がヒトに感染することによって発症する気道感染症。
WHOがCOVID-19(コビッド ナインティーン)と命名した。

一般的な症状

頭痛、嗅覚や味覚の消失、鼻詰まり、鼻漏、咳、筋肉痛、咽頭痛、発熱、下痢、呼吸困難など。
多くの場合、無症状または風邪のような症状を伴う軽症にて自然治癒する。
しかし重症では急性呼吸窮迫症候群や敗血症、多臓器不全を伴う。

感染経路

ウイルスが付着した手で鼻や目や口を触ることによる接触感染。
咳やくしゃみによる飛沫感染。
感染者と共に換気の悪い部屋に15分以上滞在すると空気感染が起こりえる。

初期症状

  • 40℃程度の高熱 (98%)
  • 乾いた咳 (76%)
  • 息切れ (55%)
  • その他(倦怠感、吐き気、筋肉痛など)

手や指などのウイルス対策

手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要。
手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100になる。
石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせる。

アルコールで手洗い(濃度70%以上95%以下のエタノール)
手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化する。

使用方法は、濃度70%以上95%以下のエタノールを用いて、よくすりこむ。
ただし60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告がある。

モノに付着したウイルス対策

食器や箸などには、熱水でウイルスを死滅させることができる。
80℃の熱水に10分間さらす。

換気による対策

新型コロナウイルス等の微粒子を室外に排出するため、こまめに換気を行う。
部屋の空気を入れ換えることが重要。

窓を使った換気の場合、風の流れができるように2方向の窓を1時間に2回以上、数分間程度、全開にする。

雑記
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました