洋服で身を守る・無差別殺傷事件の刃物対策方法

刃物を振り回す相手に対して、半袖半ズボンは非常に危険。ワークマンで売っているような、 長袖長ズボンの作業着を着る。生地も少し厚手なので、斬りかかられても致命傷になる確率が減るかも。

作業着はちょっと・・という方は、厚手の長袖ロングスリーブを着る。例えば薄いTシャツと、厚手の長袖を比較した場合、刃物で刺されたり斬りかかられたとしたらどうだろう?どちらの方が致命傷を避けられるか?

もし刃物で刺されるとしたら上半身、腕、腹、背中が確率として高い。まぁ夏場は少し暑くて大変かもしれないが・・。

そう考えると、薄手のTシャツ、ハーフパンツ、サンダルが一番危険。刃物で刺されたり斬りかかられたりしたらすぐ皮膚なので、ダメージを受けやすい。またサンダルは逃げにくいし避けてる最中に転んだりもするので動きやすいスニーカーが良い。もしくは蹴って攻撃するなら安全靴が良いのか?

刃物対策はバイク対策とよく似ている。もしバイクで転んだとしても致命傷にならない格好を心がける。

体を常に健康な状態に保つ

急なトラブルが発生した場合でも、すぐ動けるように脳と体を整えておくこと。具体的には、ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、禁酒、禁煙、食事、睡眠。

いわゆる「健康法」というのは、緊急事態や災害時にも非常に役に立つ。いざという時に脳をフル回転させ冷静で素早い対応をとるというのは、脳と体の状態が整っていないと難しい。

一瞬の判断ミスが死ぬか生きるか、となる。

体を健康に保ち無理なく体力をつける方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました