兵庫県知事選 リレーの歴史を刷新した快挙とは?

兵庫県知事選 リレーの歴史

金井元彦氏(東京大学卒業・旧自治省・兵庫県の元副知事)

坂井時忠氏(東京大学卒業・旧自治省・兵庫県の元副知事)

貝原俊民氏(東京大学卒業・旧自治省・兵庫県の元副知事)

井戸敏三氏(東京大学卒業・旧自治省・兵庫県の元副知事)

齋藤 元彦氏(東京大学卒業・総務省・大阪府財務部財政課長)NEW

今までずっと、旧自治省出身者、そして兵庫県の副知事というセットでリレーが行われてきた。しかし今回、元総務相、そして兵庫ではなく大阪府の職員が選挙に勝ったということで、今までのリレーが途切れた形になった。

得票数とグラフ

氏名票数(万票)
斎藤元彦85
金沢和夫60
金田峰生18
中川暢三14
服部修4

コメント