国内初のブロックチェーン卒業証書

国内初のブロックチェーン卒業証書

「LasTrust」は、4月6日、角川ドワンゴ学園「N高等学校」の卒業生約4300名に、ブロックチェーン卒業証書を提供した。
 
ブロックチェーン卒業証書は、LasTrustが提供するブロックチェーン証明書発行SaaS「CloudCerts(クラウドサーツ)」から発行された。

証明書の原本データをCloudCerts(クラウドサーツ)を介してブロックチェーン上に記録して、改ざんができない公式なデジタル証明書を発行することができる。
 
ブロックチェーン証明書は、スマホやブラウザ上で閲覧や管理ができるので、SNSへのアップロードや、就職活動の際に採用担当者へメール送付などができる。

提供会社が潰れてしまった場合のリスクは?

証明書の書式とデータが正しいことを検証する機能がオープンソースである。
証明書のデータをパブリックブロックチェーン上に記録するので、証明書発行元がサービス停止した場合でも証明書の正しさが担保される。
非中央集権的にデータの信頼性を持続することができる。

コメント