エンジンコイン(ENJ)とは?仕組み、特徴、購入した結果

エンジンコイン(ENJ)とは?

Enjin Coinとは、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用されている暗号資産のこと。Ethereum(イーサリアム)をベースに発行されている。

「Enjin Platform」によって発行されたデジタル資産の「NFT(Non-fungible token)」の購入や、Enjin Coinを裏付けに、NFTを発行することが可能。

NFT(Non-fungible token)とは?

Enjin Platformとは?

ゲーム開発者は「Enjin Platform」を利用することで、既存のゲームや新たに開発するゲームに、ゲーム内アイテム(武器や防具など)としてその資産を統合することができる。

Enjin Platformでは、ブロックチェーンゲームの開発やローンチに必要な、一般的なインフラの構築や維持に伴う複雑な作業をする必要がない。そのため、専門の言語を持たないブロックチェーン未経験者でも、通常の開発言語を利用してブロックチェーンゲームの作成や管理を行うことができる。

マイクロソフトの提供する大人気ゲーム『マインクラフト』をはじめ、2021年1月19日時点で、35種類のゲームとNFTの発行において連携しており、今後も連携するゲームタイトルが増えることにより、エンジンコインの利用者数の増加や価値向上が期待できる。

エンジンコインのメリット:ゲームプレイで稼ぐことができる

ゲームユーザーは、対象となる複数のゲーム内で、そのアイテムを使ってプレイすることができる。また、そのアイテムは、NFTマーケットプレイスでエンジンコインやイーサリアムを使って購入することができ、ゲーム内の宝箱からも取得することができる。

また、不要になった資産はNFTマーケットプレイスで売却したり、資産をメルト(溶解)してエンジンコインを取り出すこともできる。

エンジンコインは、ゲームの中で稼ぐことができるので、ゲームを「稼ぐ目的」でプレイすることもできる。このような稼げる仕組みは、ゲームユーザーがゲームを継続してプレイするインセンティブにもなる。また、ゲーム内アイテムの売買や、異なるゲーム間での使用も可能となる。

Enjin Coinの特徴の1つである「メルト(溶解)機能」とは?

不要となったNFTを、Enjin Coinに戻すことができる機能のこと。

エンジンコインが爆発したタイミング

  • 2019年2月・・・サムスンの新型スマホ「Galaxy S10」に搭載されている仮想通貨ウォレットに、エンジンコインがラインナップ。
  • 2020年5月・・・Minecraft(マインクラフト)がEnjin Platform版、EnjinCraft(エンジンクラフト)をリリース。
  • 2021年1月26日・・・コインチェックへ上場。
  • 2021年3月3日・・・GMOコインが、エンジンコインの取り扱いを開始。

今後の見通しは?

エンジンコインのプラットフォーム「Enjin Platform」は、オンラインゲームのプラットフォームとしてすでにゲーマーの間では認知されている。

そして、Enjin Platformに人気ゲームが追加されれば、その分ユーザーも増えるので、そのたびに価格が上昇する可能性が高い。

例えば、2020年初めは10円以下で上昇や下落を繰り返していたが、2020年5月、「Minecraft(マインクラフト)」がEnjin Platform版「EnjinCraft(エンジンクラフト)」をリリースしたことで、一気に話題になり、価格も急上昇した。

スマホ、PCの高性能化、そして5Gの高速通信インフラが整うことで、ゲーム業界は、まだまだこれからさらに発展するはず。VRも登場しているので、新しい形のゲームがリリースされるはず。

人気作品のリリースと、取り扱い取引所の増加、この2つによって、エンジンコインはさらに値上がりすると予想される。やはりゲームに特化しているところが、他の仮想通貨に比べてメリットが大きい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました