デジタル給与とPayPay銀行

PayPay銀行とは?

PayPayとジャパンネット銀行が統合。
PayPay残高からジャパンネット銀行口座への出金手数料が無料。

デジタル給与とは?

給与をスマートフォンの決済アプリに直接入金する「デジタル払い」のこと。
内閣府は4月5日、規制改革推進会議の作業部会を開き、議論している。
2021年度の早期に制度化を目指すと表明。

デジタル給与のメリット

  • デジタル給与でpaypayに直接振り込まれても、ユーザーはそれをATMですぐ現金化もできるし、paypay銀行に預金もできるし、そのままpaypay残高として使用することもできる。
  • アプリ運営会社が経営破綻しても、保証機関が支払いを肩代わりして、数日以内に受け取れる。

paypay残高に振り込む、paypay銀行に振り込む、この違いは?

銀行から銀行へ送金するのと、同じ電子マネー同士、例えばpaypay同士で送金するのとでは、圧倒的に電子マネー同士で送金したほうが楽である。これは銀行と電子マネーの仕組みの違いによるものだと思う。

給与デジタル払いが始まると有利な銀行は?

  • Paypay銀行(PayPay)
  • 楽天銀行(楽天Pay)
  • ゆうちょ銀行(ゆうちょPay)

この3行くらいかな?

給与デジタル払いが始まるとどうなる?

  • 電子マネーを利用する人が急増する。
  • 電子マネー決済を取り入れるスーパーや小売店が増加する。
  • 電子マネー決済サービスを備えている銀行(paypay銀行など)の口座利用者が急増する。
  • 現金両替機の利用率が減る。
  • 現金の流通量が減る。
  • 地方銀行やIT化が遅れた銀行を給与振込先に選ぶ人や会社が減って、預金額が減る。

コメント