新聞の「押し紙」とは?

新聞の流れとは?

新聞の流通は、新聞本社⇒販売店⇒お客様 となる。

  • 本社は新聞を発行し、それを販売店に売る。
  • 販売店が買い取り、それをお客様を探し、お客様に売る。
  • 新聞の中には、新聞本体の売上とは別に「広告掲載料+チラシ料」として利益がある。

押し紙とは?押し紙による水増しの例

新聞本社は販売店に10000部を売りたいとする。しかし販売店は、お客様が7000人しかいないので、7000部しか売れない。

その場合、売れなかった3000部を、販売店に買い取らせて、さも10000人のお客様がいるように見せる。本社は「新聞を10000人に配ってますよ!」と言えるので広告主から多くの料金を得られる。

新聞広告や折り込みチラシの料金

  • 新聞広告や折り込みチラシの料金というのは、新聞の発行部数で決まる。
  • なので新聞社は、売れなくても発行部数を維持して、押し紙をしたいと考える。
  • そして、その押し紙の引取先は、販売店に引き取らせている。

山陽新聞の「押し紙裁判」とは?

2011年10月、広島高裁は押し紙で発生させた損害378万円を、元店主に支払うように命じる判決を下した。新聞業界のタブーが明るみに出たビッグニュースだったらしい。

押し紙の存在は世の中に広く知られているものの、販売店側が勝訴した事例はまれ。販売店側に有利な結果になったとしても、和解で終わることがほとんどらしい。

新聞特殊指定とは?

正式名称「新聞業における特定の不公正な取引方法」
新聞業において、新聞の値引きの禁止などを定めた特殊指定。

具体的な内容

  • 新聞発行本社が地域または相手方により多様な定価・価格設定を行うことを禁止
  • 販売店が地域または相手方により値引き行為を行うことを禁止
  • 新聞発行本社による販売店への押し紙行為を禁止

コメント