子供が将来貧乏人になるまでの最短ルート

授業料の高い学習塾に通わせる

「学校の勉強は、高いお金を払ってもやる価値のあるもの」という洗脳が行われる。これが後に「借金をしてまで大学進学をしようとする中途半端な学歴の貧乏人」を大量生産する。

学校の勉強はあくまで基礎。大事なのは、その後の専門性。専門的な資格を取得し、技術を習得することが、その後の雇用や給与に繋がる。

親や兄弟が、パソコンやネットに関して全く詳しくない

子供は、親や家庭環境に大きく依存する。そして親や兄弟がパソコンやネットに詳しくなければ、子供は学習する機会すら得られない。

パソコンやネットを自由に使う機会を与えない

親がパソコンやネットをまったく使わない人間であれば、子供にネットやパソコンを与える可能性は低い。

現代において、子供にパソコンやネットを与えないというのは、昔でいうと「教科書を与えず、学校に行かせない」レベルだ。個人的には、虐待に近いとさえ思っている。

親や兄弟の中に大卒もしくは大学入学経験者がいない

「大学はお金の無駄だ」というアドバイスをしてくれる人が一人もいない。

また、学校OBの成功者の話を聞く機会はあっても、失敗だった、無駄だった、という進学の失敗談を聞く機会は一切ない。

複利のメリットと、借金やローン(逆複利)のデメリットについて教えない

これを知らないがゆえに、借金してまで奨学金ローンを組み、大学に進学したり、新卒で就職すると同時に新車で自動車ローンを組み、高い金利を支払う人が後を立たない。

複利のメリット、借金やローンの金利のデメリットを知っていれば、このような貧乏まっしぐらの選択はしない、というか、怖くてできない。

親や兄弟に、投資の複利で利益を得たものがいない

利益を得たことがなく、知識も経験もない人間は「投資に対するアレルギー」のようなものがあり、それを自然と子供に押し付ける。

悪気があってやっているわけではなく、子供のためを思って刷り込むので、余計にたちが悪い。

生命保険や終身医療保険に入っておけば安心・安全という刷り込み

「投資は危険だからするな、医療保険に入れ」という洗脳。保険は安心ではなく、ただの手数料ビジネスだ。

確かに自動車保険は入っておいた方が良い。しかし生命保険や貯蓄型の終身医療保険投資というのは、保険会社を儲けさせるための、ただの手数料ビジネスだ。

貧乏プランまとめ

  • 授業料の高い学習塾に通わせよう!
  • 大学進学は就職に絶対必要!奨学金ローンを組んで進学しよう!
  • 自動車はローンを組んで新車で買おう!
  • パソコンやネットは危険なので子供に与えないようにしよう!
  • 投資は絶対にやめよう!
  • 生命保険や貯蓄型医療保険の高いプランに入ろう!

はい、これで借金漬けの子供の出来上がり!

コメント