マイナンバーカードとは?仕組み・メリットなど

マイナンバー(個人番号)とは?

個人の識別番号として、各市区町村から住民に指定される12桁の番号のこと。

マイナンバーは、市区町村長が住民票を持つ人に付番する12桁の番号。
社会保障、税、災害対策の3分野で、情報を効率的に管理する。
複数の機関が保有する個人の情報が、同一人の情報であることを確認する為に使われる。

2015年10月5日から、個人番号の指定が始まった。
2016年1月から、行政手続における個人番号の利用が開始された。
法人や団体には、マイナンバーの代わりに、法人番号が指定される。

マイナンバーカードの仕組みとは?

12桁の個人番号と同時に、カードの裏側に付いている金色のICチップに、マイナンバーや「基本4情報」の電子データが入っている。

このICチップと暗証番号を組み合わせることで「鍵」となり、各種窓口やオンライン上にて個人情報の照合や行政手続きなどができるようになる。

なので、このICチップが入ったカードを普及させないことには、鍵としての機能を果たさないので、まずはマイナンバーカードを普及させることが重要となる。

マイナンバーカードのメリットとは?

スマホやパソコンを使って、ICチップのデータを読み込むと、オンラインで本人証明ができる。すると、役所まで足を運ばなくても行政手続きができるようになる。

マイナンバーカードを使えば、住民票の写しや印鑑登録証明書など、コンビニで取得できる。

マイナンバーカードの目標とは?

「マイナンバーカード1枚で様々なことが可能な社会」を目指すとのこと。

マイナンバーカードの普及で出来るようになること(予定)

  • 運転免許証の代わりとしても使えるようになる。
  • 国家資格証、母子健康手帳など、各種カードとして順次利用できるようになる。
  • 健康保険証としての利用することができる。
  • オンラインで、医療費や薬の情報、特定健診の情報などが確認できる。
  • 引っ越しの際に行う、転出・転入手続きが大幅に簡略化できる。

マイナンバーカードの盗難・紛失・悪用のデメリットとは?

カード自体にも、それからICチップにも、名前や住所など、基本的な情報しかは入っていない。

記載されていてるマイナンバーを他人に知られても、カードを盗まれたとしても、詳細な個人情報が盗まれることはない。

ただし、マイナンバーカードと同時に暗証番号まで他人に知られてしまった場合、オンライン上で情報を盗まれてしまう危険性はある。

コメント