自動車保険を損保ジャパンからチューリッヒに替えて年16000円を節約!

スポンサーリンク

最初に損保ジャパンを選んだ理由

最初の自動車保険を損保ジャパンにした理由は、自動車を買った自動車屋さんが、その保険会社の代理店になっていて、購入と同時に勧められるがままに契約したのが理由。

ただ、数年後にネットで色々と調べてみると、実店舗を持たず、ネットからの契約のみ行っている「チューリッヒの自動車保険」というものがあり、値段も安く、保証内容も同じ程度であったので、チューリッヒに乗り換えることにした。

自動車保険料の比較

損保ジャパンだった頃の保険料
¥48,000/1年

チューリッヒ自動車保険に切り替えた場合
32,000円/1年

たったこれだけで、1年で16000円の節約ができた。

保険の代理店は、値段が高いのがセオリー

自動車保険に限らず、そこに営業マンや自動車会社が仲介している場合、手数料が見えない形で保険料に上乗せされているのがセオリーらしい。

ようするに、チューリッヒなどのネット保険の場合、個人がネットで直接申し込むので代理店に支払う手数料が必要なく、安く提供できるとのこと。

逆に、代理店展開をしているような大手保険会社の場合は、代理店や営業マンに対して手数料を支払わなければならないので、その分の費用は保険料を高く設定しているとのこと。ネットで調べる限り、そのような情報であった。

節約
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました