テレビ局は不動産会社?視聴率が落ちても利益がある理由

スポンサーリンク

放送利権でテレビへの新規参入を防ぐメリット

キー局が、自社社屋や所有不動産の周辺を観光地化させるため、テレビで頻繁に紹介や宣伝をする。

すると、自社が所有する不動産の価値が上がり、巨額な不動産収益が得られる。

例として、TBSと赤坂サカスの位置を紹介する。

赤坂サカスの不動産収益とは?

東京都港区赤坂5丁目に所在する再開発複合施設のこと。

施設のひとつに、TBSホールディングス、TBSテレビ、TBSラジオなどの本社が所在する、TBS放送センターがある。

視聴率の低迷が続いたTBSにとって、赤坂サカスは収益を支える不動産事業の大きな柱となっている。

テレビ
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました