地震と火災について

地震発生後、火災が起きる理由

地震が発生して停電した場合に、電気が復旧した時、通電火災が発生する可能性がある。

具体的には、

  1. 地震発生により、電気ヒーターなどの電気熱器具が倒れて、停電した。
  2. 分電盤の主幹ブレーカーを落とさず、外出した。
  3. その後、電気が復旧し、倒れた電気ヒーターがつき、火事に繋がった。

対策方法

  • 停電中の自宅を離れる時はブレーカーを落とすようにする。
  • 通電再開後は機器等の損傷がないか・燃えやすいものが近くにないか等を確認する。
  • すべて確認してからブレーカーを戻す。

消火対策

  • ふろの残り湯は、すぐに流し捨てない。
  • バケツを最低2個は手近に用意する。
  • 天ぷら油の火災は、水をかけてはダメ。消火器を使うか濡れたふきん等をかぶせる。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました