ホームページやワードプレスのxmlサイトマップを作る方法

xmlサイトマップを作って登録するメリットとは?

検索エンジンにページが認識されるためには、検索エンジンに発見され、検索エンジンのデータベースに「登録」される必要がある。

検索エンジンがサイトやブログのページを発見することを「クロール」と呼ぶ。そして、クロールを行うロボットのことを「クローラー」と呼ぶ。

また、Googleなどの検索エンジンが、ページをデータベースへ「登録」することを「インデックス」と呼ぶ。

xmlサイトマップを作成し、Google Search Consoleにサイトマップ登録することは、「クローラー」に「インデックス」されるようにする対策であり、これは、SEO対策を行う上で非常に重要な作業である。

手作りホームページでxmlサイトマップを作成する方法

XML Sitemaps Generator というwebサービスを使う。

html、css、php等で作成した手作りのホームページは、このサービスでxmlサイトマップを、自動で作成できる。めちゃくちゃ便利。

xmlファイルの作成手順

  1. XML Sitemaps Generator にアクセス
  2. URLを入れてSTARTボタンを押す
  3. 準備が整うとVIEW SITEMAP DETAILSというボタンが表示されるのでクリック
  4. DOWNLOADボタンが表示されるのでクリックしてxmlファイルをダウンロード
  5. ダウンロードしたxmlファイルを、サイトのホームディレクトリにアップする。
  6. ブラウザから https://自分のドメイン.com/sitemap.xml にアクセスし、サイトマップファイルが表示されれば準備完了
  7. 後はsearch consoleにアクセスし、サイトマップから登録すればOK!

ワードプレスのサイトマップは「XML Sitemaps」というプラグイン

ワードプレスの場合、プラグインでサイトマップを作れば、記事を書いた時、自動でサイトマップを更新してくれるので便利。

管理画面で「Notify Search Engines about your sitemap」と表示されるので、青字の部分をクリックし、サイトマップを通知してあげる必要がある。

その後、URLアドレスをsearch cosole上で登録してあげれば、問題なくサイトマップの登録ができる。(これをしなかったため、しばらくsearch console管理画面上でエラー状態であった)

コメント

タイトルとURLをコピーしました