日本のテレビはなぜ12チャンネルなのか?テレビ利権とは?

リモコンキーIDとは?

リモコンキーIDとは、地上デジタルテレビ放送などにおいて、放送局単位で決められているリモコンの押しボタン用の番号のこと。

テレビ視聴における、リモコンのチャンネルキー番号は、それを選択することで、放送チャンネルを1つ選ぶことができる。

地上デジタル放送は、従来のアナログ放送と異なり、全てのチャンネルが「13ch」から「52ch」までのUHFで送信されることが決まっていた。

しかし、そうすると地上波も衛星波もその「送信チャンネル(その放送を送信している実際の周波数帯域チャンネル)」が、「1」から「12」までの「ワンタッチボタンの番号」とが、全く一致しない。

そこで、送信チャンネル自体を、ワンタッチボタンで選局させたいので、送信チャンネルとは別に「1」から「12」までのリモコンキー番号を、各放送局に割り当てるシステム「リモコンキーID」が作られた。

そして日本では、2000年12月1日、BS放送のデジタル化が始まった際に、このシステムが導入された。

当時、NHKは3波体制を取っていたことから「1」「2」「3」を占めた。そして「4」以降が、民間に割り当てられた。

その際、地上波民放キー局を「4」から「8」までに固めた。

衛星波独立局を、残りの「9」以降に配置した。

この思想は3年後に始まった地上波のデジタル化にも影響を与えた。

東京都では、基本的にBS衛星波の割り当て思想がそのまま持ち込まれた。

リモコンチャンネルと物理チャンネルとは?

地上デジタル放送(テレビ)は、UHF帯(470~710MHz)で放送されている。

UHF帯には、それぞれチャンネル番号が1チャンネルあたり6MHzずつ、13~52chまで割り当てられている。

これらのチャンネル表記は、周波数帯を数字化したものであり、物理チャンネルと呼ぶ。

地上波テレビの物理チャンネルとリモコンチャンネルは、以下のとおり。

放送局名物理チャンネルリモコンチャンネル
NHK総合271
NHK教育262
日本テレビ254
東京放送226
フジテレビ218
テレビ朝日245
テレビ東京237
MXテレビ169

コメント