足の裏にできたウイルス性イボが明治きず軟膏で治った

数年前の話ですが、足の裏にイボのようなものが出来ました。原因は不明です。気がついたら小さいイボが出来ていて、触ったり引っ掻いたりしているうちに、徐々に大きくなり、放置しておいたらさらに大きくなりました。

そのうち治るかな?と思い、放置していたのが悪かったようです。イボは治ることなく、どんどん大きくなっていき、歩くと痛いレベルにまで成長してしまいました。

足裏のウイルス性イボの写真とイラストは以下の通りです。

足裏のウイルス性いぼ写真

イボの中心はクレーターのようにくぼんでいて、白くてぶつぶつしています。周囲はでっぱっており、固くなっています。

また、強く押したり歩いて体重がかかると、痛みがあり、歩きにくいです。

病院での診断結果

2つの病院に通い、その結果「ウイルス性イボ」と診断されました。尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼び、ヒトパピローマウイルスの感染によって起きるそうです。

2つの病院で同じ診断結果だったので、間違いないと思います。爪で引っ掻いたり、皮膚に傷ができたりすると、そこから感染するようです。

1人目の医師は、「ベセルナクリームという塗り薬を塗って、治療をしましょう」との事でした。処方された薬を塗って、2ヶ月くらい頑張りましたが、効果はありませんでした。

2人目の医師は、「液体窒素による凍結療法があります。ただ、痛みがあり、仮にイボが取れたとしても、再発する可能性もあります。」との事でした。ネットで調べると、この方法は痛みがすごいらしく、歩くのも困難になるそうで、やる気になりませんでした。

痛みが伴うのは嫌だな、他にもっと良い治療法はないのかな?そう思い、病院ではなく、自分でネットで調べて、以下の2つを試してみました。

治療法1 明治キズ軟膏を塗って絆創膏を貼る

これをイボに塗って、絆創膏を貼って密閉させることで、ウイルス性いぼを殺菌して、イボを消すという方法です。ドラッグストアで500円くらいで売っています。

イボが思った以上に大きかったので、通常の絆創膏ではカバーしきれなかったので、大きな絆創膏を買いました。

顔や首と違って足の裏なので、絆創膏を貼っておかないと布団や床に付いちゃうので、絆創膏は必須でした。

夜の寝る前に塗って、絆創膏を貼って寝て、次の日の朝、絆創膏を剥がして、幹部を水で流して、また夜に・・。という感じ。昼間は何もせずに、夜だけ塗って寝ていました。

2ヶ月程度でウイルス性イボが治った。

ウイルス性イボ 治療後 写真

まさかの、キレイに治ってしまいました。数年間、足の裏のイボに悩まされ、歩くのが困難だったイボ。悩みのタネだったのに、市販の塗り薬だけで簡単に治ってしまいました。

もしお医者さんの言う通り、液体窒素治療を受けていたらと思うと、ちょっとゾッとしました。足裏の液体窒素治療は、ネットで感想を見ましたが「仕事ができない、まともに歩くことができないレベルの痛み」があるそうです。恐ろしい・・。

追記 今度は顔にウイルス性いぼが出来た話

足裏が治ったと思いきや、その1年後くらいに、今度は顔にイボが出来てしまいました。しかしこちらも塗り薬だけで治療できたので、その経緯と治療法を書いてみました。

もしよかったらぜひ御覧ください。

コメント

  1. […] […]