大阪市財政局の幹部ら、都構想コスト増試算&公文書廃棄容疑で、大阪府警が立件へ

大阪市財政局は、2020年11月に実施された「大阪都構想の住民投票」の直前に、市長の許可なく「読んだ人間に勘違いをさせるような試算」を、勝手に報道機関に提供して、さらに、住民投票に関する公文書を、故意に廃棄するなどをした。

そのため、大阪府警は「公用文書毀棄容疑」で、大阪市財政局の幹部を立件する方針のようだ。

スポンサーリンク

大阪都構想とは?

大阪市を廃止し、4つの特別区に再編する、統治機構改革のこと。
広域行政を大阪府に一元化して、住民に身近なサービスは特別区が担う。
府と市の二重行政を解消することが目的だった。

大阪市財政局とは?

以下、ホームページより文章を引用

【局の目標(何をめざすのか)】

  • 市民の安全・安心を支える安定した財政基盤の構築

【局の使命(どのような役割を担うのか)】

  • 予算編成を通じた財政健全化に向けた取組や歳入の根幹である市税収入の確保などにより、財政規律の遵守と健全な財政運営を図る。

【令和3年度 局運営の基本的な考え方(局長の方針)】

  • 本格的な少子高齢・人口減少社会が到来し、飛躍的な経済成長が見込めない中、多様化する市民ニーズに速やかに応えていくため、
  • 「今後の財政収支概算」で見込まれる通常収支不足の解消をめざし、予算編成を通じた取組や未収金対策の強化などによる収支改善を図り、市民の安全・安心を支える安定した財政基盤の構築に取り組む。
  • 市税にかかる滞納繰越分について差押えの取組等を強化するとともに、課税客体の捕捉や申告内容の調査により、市税収入の確保を図るなど、適正・公平な税務行政を推進する。
  • 大都市の実態に応じた税財政制度の確立や国の税財政制度の見直しに関する検討への即応を目的とした要望活動を展開する。
  • 人材育成の年度毎の基本計画である財政局人材育成行動計画を策定し、職員の能力開発や職場改善に取り組み、財政局が掲げるめざす職員像・めざす職場像の実現により組織力強化を図るとともに、当局における不祥事案を重く受け止め、コンプライアンス遵守を徹底する。

面従腹背(めんじゅうふくはい)とは?

うわべだけ上の者に従うふりをしているが、内心では従わないこと。

「面従」は人の面前でだけ従うこと。
「腹」は心の中のこと。
「背」は背くこと。

情報引用元

〈独自〉都構想コスト増試算、公文書廃棄 大阪市幹部ら立件へ 産経新聞

政治
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました