日本郵政と楽天が資本業務提携!今後どうなる?

3月12日、日本郵政と楽天は、資本業務提携を結ぶと発表した。

郵政が楽天に1499億円を出資し、楽天株の8.32%を保有する。
両社グループの物流や、携帯電話、金融、電子商取引(EC)といった、幅広い分野で協業する。

郵政グループ⇒郵便局をはじめとしたネットワークを全国に持つ。
楽天グループ⇒インターネットを中心に独自の経済圏を作っている。

顧客基盤と事業の拡大を図る狙い。

提携した結果、どうなる?

物流

  • 共同の物流拠点の構築
  • 共同の配送システム及び受取サービスの構築
  • 日本郵便及び楽天の両社が保有するデータの共有化
  • 新会社設立を含む物流DXプラットフォームの共同事業化
  • RFC(楽天フルフィルメントセンター)の利用拡大及び日本郵便のゆうパック等の利用拡大に向けた、日本郵便・楽天両社の協力・取り組み

モバイル

  • 郵便局内のイベントスペースを活用した楽天モバイルの申込み等カウンターの設置
  • 日本郵便の配達網を活用したマーケティング施策の実施

DX

  • 楽天グループから日本郵政グループに対するDXに精通する人材の派遣
  • 楽天グループによる日本郵政グループのDX推進への協力

金融

  • キャッシュレスペイメント分野等での協業
  • 保険分野での協業

EC

  • 物販分野での協業

楽天株式会社とは?

インターネット関連サービスを中心に展開する日本企業。
楽天市場、楽天トラベル、フリマアプリ「ラクマ」などのECサイトを運営している。
また、通信、金融、不動産、スポーツなど、様々な業種の企業を傘下に有している。

楽天株式会社のサービスとは?

■コマースカンパニー
楽天市場、楽天トラベル、楽天デリバリー、ラクマ、東北楽天ゴールデンイーグルス、ヴィッセル神戸

■アド&マーケティングカンパニー
Rakuten TV、楽天Infoseek、楽天Kobo、楽天チケット、楽天インサイト

■インベストメント&インキュベーションカンパニー
楽天キャピタル、楽天ファーム、Rakuten Super English、楽天AirMap

■フィンテック
楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命、楽天損保、楽天Edy、楽天ペイ、楽天ポイントカード

■モバイル
楽天モバイル、楽天コミュニケーションズ、楽天エナジー、Viber

コメント

タイトルとURLをコピーしました