ビットコインの仕組み、特徴

ビットコインの特徴

  • 世界初のデジタル通貨
  • 円やドルのように、通貨を管理する中央銀行が存在しない
  • 国家という権威によってコントロールされていない
  • プログラムによって動いている、インターネットの通貨
  • インターネットを通じ、個人間で直接送金が可能
  • 仲介のための第三者が不要なので、両替が不要

ネットワークの価値と通貨の価値は概ね相関関係にある。

メトカーフの法則
「ネットワークの価値は、それに接続する端末や利用者の数の2乗に比例する」

画像

世界の大企業がビットコインを資産として保有する理由
世界各国の量的緩和で法定通貨に対する不信感とインフレに対するリスクヘッジ

マイニングとは?

ブロックチェーンでは、ビットコインの個々の取引データのことを「トランザクション」と呼ぶ。
それぞれのトランザクションをまとめて一つの「ブロック」を作る。
ブロックには「いつ」「誰が」「どのくらい」取引したのかという情報が書き込まれる。
その取引情報を第三者がチェックして承認する。この「取引を承認する作業」をマイニングと呼ぶ。

取引履歴が公開されている

どのアドレスで、どのような取引が行われたか、誰でもネット上で確認できることができる。
アドレスとは、ネット上の口座番号のようなもの。

だが、アドレスだけを見ても、誰が行った取引かまでは特定できない仕組みになっているので、プライバシーは保たれる。

インフレ防止として

ビットコインは、発行の上限が2100万枚と決められている。
コレによりインフレが防止され、ビットコインの価値が保たれる。

インフレとは?
モノの値段が上がり、お金の価値が下がること。お金の量が増えるとインフレになる。

自国の法定通貨が暴落した際の逃避先

自国の法定通貨が暴落した場合、資産の逃避先として利用できる。

現実に、キプロスなどで発生した通貨危機において、自国通貨からビットコイン(BTC)に資産を移動する動きが見られた。

※これはビットコインに限らず、イーサリアムや米国ETFでも同じ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました