波取り記者とは?菅首相長男の違法接待問題から見えた「放送利権」

波取り記者とは?

「波取り記者」の「波」とは電波のことを指す。

波取り記者とは、記事は書かずに、電波や放送利権の確保のため、総務省に対しロビイングする人のこと。つまり、総務省への接待窓口を行う人のことを指す。

大手テレビ局などが、自社の電波利権のため、周波数帯を確保しようとしていた。他社の新規参入を防ぐことを目的にして、総務省の記者クラブに対し、波取り記者(ロビイング担当者)を配置する。そして、事業者の代理人として、同省幹部に接待を繰り返しているというのだ。

この波取り記者というのは、テレビ業界に限らず、新聞業界にもいたそうだ。

波取り記者は、記事は書いていないので、国家公務員倫理法上、利害関係者に該当する。とすれば、かつてのMOF担※と同じく、接待窓口・要員であるといってもいい。

この内容は、内閣官房参与で嘉悦大学教授の高橋洋一氏が、総務大臣補佐官を務めていた経験をもとに自身のyoutubeチャンネルで指摘をしていた。

放送利権(ほうそうりけん)とは?

地上波テレビ業界の利権のこと。

地上波デジタル放送は、携帯電話と同じように、電波を使用している。ただし、携帯電話会社は、テレビ業界の約10倍の電波利用料を支払っている。

これは、テレビ業界が総務省に対して便宜を図ってもらうよう、新規参入を防ぐ目的でロビイング活動をして、他の会社に電波を使用されにくくするよう、値段を高く設定している。

MOF担とは?官僚への違法接待は昔もあった

「MOF担」という言葉をご存知だろうか?MOFとは、Ministry of Financeという意味で、これは「財務省」のことである。「対大蔵省の、折衝担当者」という意味で「モフタン」と呼ばれて使われていた。

MOF担は、かつて日本の都市銀行や証券会社など、大手金融機関に所属していた。金融行政を所管していた大蔵省(財務省の前身)と癒着をして、様々な情報を官僚から聞き出していた。

MOF担が世間に知れ渡った有名な事件として、1998年に起きた、大蔵省接待汚職事件(ノーパンしゃぶしゃぶ事件)が有名である。

このように、官僚に便宜を図ってもらうため、民間企業が官僚に対して接待を行うという悪習は、昔から横行していた。

「菅首相長男 高級官僚を違法接待」の問題点

菅首相の長男は、東北新社という衛星放送関連会社に勤める会社員。

菅首相の長男は、総務省の幹部に対し、国家公務員倫理法に触れるような接待行為をしていた疑いがあるようだ。総務省の幹部に対し、便宜を図ってもらうよう接待をしていたことが問題、ということらしい。

では逆に、他の地上波テレビ局や新聞社は、官僚に対し、違法接待は一切していないのか? それについて、解説をつけながら書くことにする。

テレビの放送利権とは?

地上波テレビ業界にある利権のこと。外資20%ルールや、新規参入の壁を作ったり、経営権を奪われないため株式の取得を困難にさせる、などたくさんの壁があり、既存のテレビ局が守られている。

また、地上波デジタル放送は、携帯電話会社らに比べて、たった10%未満の料金で、しかも数社だけで寡占しているような状態である。テレビ業界というのは、この守られた壁と、優遇された環境により、今まで大きな利益と高い給与を得ていた。

これらの情報というのは、いままでテレビや新聞では一切報道されなかったが、インターネットの登場により、徐々に明るみに出てきた。

まとめ

ここまで書くと、単純な疑問として出てくるのは「地上波テレビ局も新聞社も、官僚に対して、違法接待やってるんじゃないの?」という感想だ。

ということは、今もなお存在している「波取り記者」の存在を明らかにすれば、現在横行しているメディアの闇が浮き彫りになる。ということだ。

ただ実際に調べてみると、地上波テレビ業界の闇というのは、違法接待どころの騒ぎではなかった。外資規制20%ルールの違反、名義書換を拒否、認定放送持株会社などなど、テレビ業界特有の超特殊ルールがたくさん出てくる。

追記 NEW!

2021.03.08 総務省の総務審議官が、衛星放送関連会社の他にも、NTTから接待を受けていたことがわかった。国家公務員倫理規程に違反する疑い。

参考サイト

コメント