なぜ銀行のATMは未だに長蛇の列なのか?

久々に銀行に行ったらATMに長蛇の列。
窓口にも人がわんさか。
なぜ未だに銀行のATMにはこんなにも人がいるのか?
その理由を考えてみた。

クレジットカードを使っていない。

クレジットカードを利用すれば、使った分だけ銀行口座から自動で引き落としされるので、わざわざATMで現金を引き落とす必要がなくなる。
クレジットカードは、スーパー、コンビニ、電気料金の支払い、スマホ代など、日常生活の支払いに対応する事ができる。

paypayなどの電子マネーを使っていない。

クレジットカードには抵抗があり、クレカを持っていない人も、スマホアプリの「paypay」さえあれば、結構なんとかなる。
paypayは、ゆうちょ銀行と紐付ければ、いつでもチャージができるし、スマホさえ持っていれば、現金を使う必要がない。

しかもpaypayは、公共料金の支払にも対応しているので、わざわざコンビニや銀行へ行って支払う必要もない。

クレカや電子マネーを使わない人の心理とは?

  • 現状維持バイアス(現状を変えるのが精神的にしんどい)
  • まだ使ったことがないから、なんか怖いと感じてしまう。
  • お金をたくさん引き出されてしまうのではないかと心配。

こういった「変化に強い抵抗のある人」というのは「損したらどうしよう、という感情が人一倍強い人」とも言える。損することを極端に嫌う。ゆえに生活の変化を受け入れられない。

詳しくはこちら。「現状維持バイアスとは?」

対策方法は?

  • 「現金を使うと損をする」という制度設計をする。
  • 現金税。現金払いをすると、特別に税金がかかる。
  • 両替の有料化⇒店舗経営者は電子マネー決済を導入検討する。

コメント

  1. […] […]