e-taxとfreeeで青色申告の確定申告が簡単に!

e-Tax(イータックス)とは?

  • 国税庁が運営する、国税の申告・申請・納税のオンラインサービス。
  • 正式名称は「国税電子申告・納税システム」
  • システムの開発・運用・保守は、NTTデータに業務委託している。

e-Taxのメリット

  • 10万円分、多く控除を受けられる。
    e-Taxを利用すると、窓口や郵送で申告する場合と比べて、10万円分、多く控除を受けることができて、お得になる。
  • 書類の添付を省略できる。
    給与所得者の源泉徴収票や社会保険料控除の証明書など、通常であれば窓口での提出・提示が求められる各種書類も、e-Taxではパソコンの画面上で必要項目を入力して送信するだけで済ませることができる。
  • 申告期間が長く、24時間いつでもOK。
    e-Taxでの確定申告期間は、確定申告期間よりも1ヵ月ほど早い1月16日から3月15日までとなっている。しかも期間中は24時間利用できる。

青色申告のメリット

  • 白色申告の場合⇒基礎控除:38万円
  • 青色申告の場合⇒特別控除:55万円
  • さらにe-Taxを利用すると、+10万円
  • e-Tax利用+青色申告が最強!

freeeのメリット

  • 青色申告での確定申告が簡単にできる。
  • e-taxでの確定申告が簡単にできる。
  • 青色申告とe-taxで確定申告したい人は、freeeがオススメです。

マイナンバーカードリーダーとは?

  • これをパソコンに接続し、マイナンバーカードを指すと、e-TAXが使える。
  • マイナンバーカードとカードリーダーで、確定申告がパソコンで出来る。
  • クラウド会計ソフト「freee」を使えば、さらに申請が簡単にできる。
  • freeeでは、売上や経費情報など入れるだけ。後は全自動で集計、申請ができる。

e-taxで確定申告を行う際の注意点

  • マイナンバーカードをカードリーダーに差し込む時、向きに注意する。
  • ◀ とICチップが上面、顔写真が下面に来るように差し込む。
  • freeeで登録している事業者情報と、e-taxで登録している事業者情報が食い違うと、申請してもe-tax側で受付エラーになる。
  • マイナンバー情報、freeeの事業者情報、e-taxの情報を最新の情報に更新してから申請すればエラーは出ないはず。

コメント