物が捨てられない家族と断捨離中毒の私

スポンサーリンク

私がどうしても苦手な母親のクセ「ものが捨てられない」

私の家はモノに溢れていた。
私からすればそれは、ただのゴミだった。

私以外の家族全員、その中でも特に母親は、ものが捨てられない人だった。
ダンボールにしまい込み、それを大切に保管する。
そして気がつけば押し入れも、部屋も、ダンボールの山。

私がものを捨てようとすると、家族が発狂しだす。
私の部屋にまで、私以外の家族の荷物が侵食していた。

その反動からか、私は物を部屋にほとんど置かなくなった。
えっ?ここで生活してるの?ってくらい、何もない寂しい部屋である。

友人が「引っ越しってお金かかるよねー」って言っていた。
えっ?自分は自家用車に荷物詰め込んで、往復なしで行けたけど・・。

そうか、普通の人は、もっと荷物が多いのか、とその時に気がついた。
洋服、小物、家具、本、テレビ、ゲーム、洗濯機、冷蔵庫、などなど。

家の中で一番大きい私物は「冷蔵庫」くらい。
でも一人暮らし用の小さいやつだから、もし引っ越すにしても、捨てちゃうかも。
んで引越し先で新しいの買っちゃうかも。値段も2万円くらいだし。

家具も、パソコン机くらい。ここで仕事して、ご飯食べてる。
なので自宅ではほとんどここで生活してる。これもバラして持ち運び簡単。

雑記
スポンサーリンク
のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました