キャベツで胃腸を整える!効果とメリットを紹介

キャベツの栄養・効果

  • キャベツは別名「食べる薬」とも言われている。
  • 胃の粘膜の再生や、胃潰瘍の治癒に効果があるビタミンUやビタミンKを豊富に含んでいる。
  • ビタミンCの含有量は、淡色野菜の中ではトップクラス。
  • カルシウムも多く含んでいる。
  • キャベツには100gあたり、カリウムが200mg含まれており、体に含まれている余計な塩分を体の外に出す効果があり、血圧を下げてくれる。
  • 胃の痛みや胃腸の潰瘍に一定の効果があり、薬膳としても注目されている。
  • キャベツから発見されたビタミンUは別名「キャベジン」とも呼ばれ、胃腸薬として知られている。
  • 糖尿病、便秘、吹き出物、泌尿器系の疾患にも薬効があるとされている。
  • 止血や痛み止めの効果も期待できると言われている。
  • ガンの発生を抑える効果があるとも言われている。

キャベツは安くて食事の付け合せに最適

  • スーパーで買うと、キャベツ半玉、60円程度
  • キャベツの千切り1食分で、約15円くらい。

調理の注意

  • ビタミンUは熱に弱いので、キャベツの千切りなどで食べた方が良い。
  • ビタミンUは熱に弱いが水溶性なので、電子レンジで短時間加熱であれば問題ないらしい。
  • 加熱で溶け出たビタミンUも残さず食べたほうが良い。

キャベツの食べ方

  • キャベツは生で千切りで食べるのが一番美味しい。
  • ポン酢をかけ、電子レンジで40秒程度、熱を加えてしんなりさせても美味しい。
  • 肉料理の付け合せとして一緒に食べても美味しい。

コメント

  1. […] キャベツの千切り […]